ようこそ! 情シス営業日誌 Monday, January 30 2023 @ 05:42 PM JST

WifiのIPアドレスを固定にする

  • 投稿者:
  • 表示回数 1,448
Raspberry Pi

思いもよらず外部からの接続ができるようになるなど、セキュリティ面でもよろしくなく、電波状況により通信の接続性も安定しないため、だいたい、固定IPアドレスを設定するのは有線LANだけでしょう。

ただ、電源の線しか引けない場所などにRaspberry Piを設置するなどで、無線LANでリモートアクセスをしたい局面もあろうかと思います。

DHCPですと、マシンの再起動ごとにIPアドレスが変更される場合もあり、リモートでの接続がし難くなるので、IPアドレスを固定します。

 

OSをインストールした初期の段階では、DHCPの機能によって、動的にIPアドレスが振られます。

Raspberry PiのOSのRaspbianでは、/etc/dhcpcd.conf ファイル内の設定を変更することでネットワークアドレスの設定変更ができます。

NETWORKアドレス:192.168.1.0/24

ネットマスク:255.255.255.0

GATEWAY(ルーター): 192.168.1.1

DHCP:192.168.1.2~192.168.1.128

DNSは、各契約のプロバイダ提供のものをご指定ください。

のような、環境があった場合、/etc/dhcpcd.confの最終行に以下の通りの情報を追加します。

interface wlan0

static ip_address=192.168.1.129/24

static routers=192.168.1.1

static domain_name_servers=0.0.0.0 8.8.8.8

ネットワークの再起動を行えば、設定が変更されます。

ifconfigコマンドで、設定変更が行われたかを確認ください。