ようこそ! 情シス営業日誌 Thursday, December 01 2022 @ 07:40 PM JST

資産管理ツールsnipe-itのインストール

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,571
snipe-it

ubuntu 18.04.2 LTSをインストール後にLAMPをインストールした環境を作ります。

$ sudo apt-get install apache2 php mysql-server phpmyadmin⏎

本日(2019/07/12)の時点で、このコマンドでインストールされるのは、

Apache 2.4.29
PHP 7.2.19
MySQL 5.7.26
phpMyAdmin 4.6.6deb5

です。

この環境に資産管理ツール の snipe-it をインストールしてみました。
マイナーなんでしょうか、日本語での解説が少ないので、ネタにはいいかなと思いました。
今回はインストール手順の覚書です。

snipe-itの使い方は、後日、書いていきます。

  1. gitで最新のsnipe-itをダウンロードします。

    $ sudo git clone https://github.com/snipe/snipe-it /var/www/snipeit/⏎

  2. mysql にsnipe-it用ユーザーを作ります。

    $ mysql -u root⏎
    mysql> create user 'snipeit'@'localhost' identified by 'snipeit_password';⏎
    mysql> grant all privileges on `snipeit`.* to 'snipeit'@'localhost';⏎
    mysql> flush privileges;⏎
    mysql> quit⏎

  3. インストーラーを実行します。
    カーソルが止まって、何もしてないように見受けられたら、5分待ってから⏎を押してみてください。
    何かしらの反応があると思います。
    このシェルは、
    (1)snipeit.shをダウンロード
    (2)URLのためのホスト名を設定
    (3)snipeitというDBとテーブルを作成
    (4)apacheなどWebサーバのサイト設定ファイルを/etc/apache2/sites-available/に追記
    という動きをします。

    $ cd /var/www/snipeit⏎
    $ sudo ./install.sh⏎
      Q. What is the FQDN of your server? (hostname):
      Q. Do you want to automatically create the database user password? (y/n) n⏎
      Q. What do you want your snipeit user password to be? snipeit_password
    * Securing MariaDB.

    New password: snipeit_password
    Re-enter new password: snipeit_password

    Remove anonymous users? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
    Disallow root login remotely? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
    Remove test database and access to it? (Press y|Y for Yes, any other key for No):
    Reload privilege tables now? (Press y|Y for Yes, any other key for No) :
      Q. Do you want to configure mail server settings? (y/n) n⏎

    * Cleaning up...
    * Finished!

  4. 確認
    (1) /var/www/snipeit/.envは設定されたか
    (2) snipeit dbの作成がされ、snipeit用の43テーブルが作成されているか
    (3) apacheの設定ファイルが作成されているか
    絶対、確認をしなければならないわけではありません。
     ですが、サイトアクセスをした結果、表示できないなどあった場合は、悪いところの切り分けをできてるだけで、対処がずいぶんと楽になります。

  5. /etc/apache2/sites-available/ に書き込まれた内容を/etc/apache2/sites-enabled/000-default.confと差替えます。

    $ sudo a2dissite 000-default.conf⏎
    $ sudo a2ensite snipeit.conf⏎
    $ apache2ctl restart⏎