ようこそ! 情シス営業日誌 Monday, January 30 2023 @ 05:55 PM JST

起動可能なMacOSインストーラを作ってOSダウングレードする

  • 投稿者:
  • 表示回数 6,780
mac

作業の流れとしては、

  1. OSのダウンロード
  2. USBメモリにOS起動インストールイメージを作る。
  3. USBメモリを指して、Optionキーを押しながら、OS起動。
  4. MacOSをインストール。

です。

それでは、細かく見ていきましょう。

  • iTunesからOSインストールイメージをダウンロード
  1. Mojave以降はiTunes内の「購入済み」のOSのインストールイメージが表示されなくなりました。
    初期OSがHigh Sierra以前のMacに初期OSをインストールし、iTunesを起動、購入済みから以前のOSをダウンロードして下さい。
    shift+option+command+Rを押しながらMacを起動すると、初期OSをインストールできます。
    表示されたmacOSユーティリティで「OSの再インストール」を行ってください。
    Sierra以降は今のところ直リンクからダウンロードできるようです。
    OS X Lion 2011年7月20日 10.7 10.7.5(11G63) AppleStore販売
    OS X Mountain Lion 2012年7月25日 10.8 10.8.5 AppleStore販売
    OS X Mavericks 2013年10月22日 10.9 10.9.5 AppStore購入済みDL
    OS X Yosemite 2014年10月16日 10.10 10.10.5 AppStore購入済みDL
    OS X El Capitan 2015年9月30日 10.11 10.11.6 AppStore購入済みDL
    macOS Sierra 2016年9月20日 10.12 10.12.6 直リンクDL
    macOS High Sierra 2017年9月26日 10.13 10.13.6(17G8030) 直リンクDL
    macOS Mojave 2018年9月25日 10.14 10.14.6(18G103) 直リンクDL
    macOS Catalina 2019年10月8日 10.15    
  2. /Applications に Install {OS名}.app ディレクトリが作成され、ディレクトリ内にOSのインストーラーがダウンロードされます。
  • USBメモリに起動用OSインストールディスクを作成
  1. USBメモリを用意します。
    8GBでも大丈夫なようですが、Mojaveのインストーラでは16GB以上を推奨しているようです。
  2. Finder>アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを起動し、USBメモリにパーティションを作成します。
  3. USBメモリをMacのUSBポートに挿します。
  4. ディスクユーティリティの外部にUSBメモリが表示されますのでトップ階層を選択します。
  5. 上部の消去ボタンを押下します。
  6. 消去を確認するポップアップが表示されます。
    未使用のUSBメモリならば名前は「名称未設定」になると思います。日本語指定だと後々コマンドを打つ際に面倒になるので、「Untitled」にします。
    フォーマットは「OS X 拡張(ジャーナリング)」、El Capitanでは方式は「GUIDパーティションマップ」を指定し、消去ボタンを押下します。
  7. アプリケーションのターミナルを起動します。
  8. USBメモリに以下のコマンドで書き込みます。
    Marverics 調査中
    Yosemite sudo /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ Yosemite.app --nointeraction⏎
    El Capitan sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --nointeraction⏎
    Sierra sudo /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Sierra.app --nointeraction⏎
    Hi Sierra sudo /Applications/Install\ macOS\ High\  Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app --nointeraction⏎
    Mojave sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app⏎
  9. 書込みが完了すると、USBメモリに起動インストーラーができています。

  • 起動インストーラーの使い方
  1. USBメモリをMacのUSBポートに挿します。
  2. Optionキーを押下しながら、Macの電源をOnします。
  3. 画面が反応したらOptionキーを放しても大丈夫です。
  4. 起動できるメディアの一覧とネットワークが表示されます。
  5. MojaveのOSインストーラーのアイコンをクリックします。
  6. macOSユーティリティのウインドウが起動します。
  7. macOSを再インストールをクリックして、Mojaveのインストールを行います。